ブログ

ボウリングのボールはなぜ曲がる

投稿日:2021年9月21日 更新日:

 

こんにちは、品質保証部です。

 

オリンピック、パラリンピックが終わり、スポーツの秋となりました。

今日はボウリングについてお話しします。

 

実は今回の東京オリンピックでボウリングが種目の候補に挙がっていたことはご存じでしたか?

残念ながら(?)採用されませんでしたが、ボウリングは一度だけソウルオリンピックで公開競技として採用されたことがあります。

国体協議にも含まれますし、正式競技にしてもいいほどのスポーツと思いますけどね。

 

ボウリングのボールはバスケットボールほどの大きさ直径22センチで砲丸投げの鉄の玉と同じくらい7キロの重さがあります。

ボール表面はポリエステル、ウレタンなどの樹脂でできています。昔のボーリングレーンは楓材でしたが、最近は樹脂製。

樹脂製なのですが、残念ながら古賀電機はこれらの製造にかかわってはおりません。

 

では、本題、ボウリングのボールがなぜレーンの途中で曲がるかをお話しします。

 

ボールを投げるとボール表面に添えられた手からこぼれるように手から離れます。するとボールは回転しながらレーンに落ちます。

難しく言うとボールの重心が手の平から11センチ中にあるので手の平から離れる時自然に回転するのです。

 

ではどのように曲がるか動画を見てください。画質が粗いのは許してください

 

レーンの手前でボールは手からこぼれたときの回転を保ちゆっくり回っています。

レーンの中ほどになるとその回転の軸が変り、ボールは転がります。このあたりからボールは左に曲がっています。

 

実はレーンの手前にはレーンにキズが付かないようオイルが塗られています。油というより、バターに近いでしょうか。厚さは最大2mmくらいです。

レーンの手前ではこのオイルに乗って手からこぼれ落ちたときの回転のまま滑って進みます。

レーンの中ほどでオイルがなくなると、ボールはレーンとの摩擦で手から離れたときの回転が止められて転がり始めるのです。

このとき回転軸が変わるのでボールが曲がるというわけです。

 

わかっていただけましたか?

少々長くなりました。ここまで読んでくださった方、お付き合いありがとうございました。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新工場へ引っ越しました

  製造部のNです。 念願の新第2工場への引っ越しが完了しましたので、引っ越しの様子をブログに載せさせて頂きます。 引っ越しは3/20~3/21の2日間かかりました。 1日目は本社→新第2工 …

もうすぐGW

総務部です。 明後日の4月29日から5月5日までゴールデンウィークですね。 東京・京都・大阪・兵庫の4都府県には4月25日から5月11日まで、 3回目の緊急非常事態宣言が発令されました。 ただし、東京 …

今日は〇〇の日!

総務部です。 突然ですが皆さん、4月20日は何の日かご存じですか? ピンポンピンポン!今日は郵政記念日(逓信記念日)です。 では、郵政記念日(逓信記念日)が何に因んだ日かご存じですか? 旧称,逓信記念 …

パーテーションを寄贈頂きました。

  社長の古賀です。 DMG森精機(株)様主催の5軸加工プライベートレッスン開催時に使用するパーテーションを (株)テクトレージ様より寄贈頂きました。日本の5軸加工の普及に貢献します。 あり …

九州の田園風景

こんにちは。 九州営業所です。 佐賀の田園風景です。 田植えの準備でトラクターがいっぱい忙しそう。

PREV
BIG BOX
NEXT
初秋の窓